資格取得の為に

大学での学びには利点があります。

U-CANでも見られる資格取得。自分の力で学び、取得はもちろん可能です。しかし、大学で学ぶ方が利点が多いです。まず一つ挙げるとすると、一人ではないと言うことです。教育の現場は人との関わりが重要であり、友達と協力して勉学に励むことによって、そのコミュニケーション能力もつくことでしょう。さらに、教育においては正解というものが見えにくい部分があります。なので、友達と意見交換をしたり、先生からより良いやり方、教育の正しさ、幼稚園教諭の在り方を学ぶには大学はベストな場所と言えるでしょう。 幼稚園教諭になる為には、実習が大切になってきます。大学に付属している幼稚園もあれば、していないものもありますが、いずれにせよ自分で連絡を取り合うことから始めます。ここから既に大学で学んだことを実践するスタートになっています。実習では現場の幼稚園教諭の動きを見て、真似をして自分の力にしていくことが大事となっていきます。もちろん壁に当たることもあります。幼稚園教諭になることが大変だと感じる人もいると思います。その時に大学の先生を頼るのもまた一つの利点となるでしょう。

どのような学校で幼稚園教諭を取得するかで学費は変わります。

幼稚園教諭の資格を取得するためには、短大(2年)、大学(4年)、専門(2−3年)、通信(3−4年)の4つの通い方の方法があります。 短大の学費は、おおよそ200−250万円かかります。大学は、およそ300−400万円で、専門は200−400万円ほどで、通信は最高100万円ほどとなります。学ぶ内容はどれにおいても専門科目、教養科目、そして実習があります。しかしやはり学費が一番高い大学では幼稚園教諭第1種が取れるのに加え、教養・理論がより広く学べることができ、充実な学びができると言えます。 早く資格が取りたい人は短大がいいと言えます。大学での施設も充実している所が多いですし、講師の先生方も教育に特化している人が多いと言えます。 自分に合った学校選びが大切ですね。