自宅で勉強

 家庭教師の平均的な価格について書いていきます。これは出身大学と経験年数に応じて変わりますので、一概に言うことはできません。ただし、目安程度であれば、次のように言うことができます。すなわち、難関大学出身で経験年数3年程度であれば、時給が約3000円です。そのため、120分授業を月4回受けるとすれば、それだけで24000円/月です。ここに家庭教師を派遣する会社の手数料を加えると、約30000円/月はかかります。さらに、会社によってはテキストを用意しているところもあります。そのテキスト代は通年であれば3000円程度で講習会用であれば1000円程度です。こうしたテキスト代も加算した価格が平均的な相場になります。もちろん、経験年数が少なかったり、難関大学出身でなければ、価格はこれよりも下がります。あくまでも目安です。

 それでは、このような家庭教師の価格はどのような傾向にあるのか、そのあたりについて説明していきます。結論からいえば、従来よりも若干高くなっている傾向になります。近年、子供への教育投資を行う家庭が多くなったため、学習塾に通わせたり、家庭教師を雇うことが多くなりました。需要と供給の関係上、家庭教師の相場が若干増加傾向にあります。これはプロ講師、アルバイト講師を問わない傾向です。全体的に価格が上昇しています。保護者には、子供にはしっかりとした教育を受けさせたいという強い思いがあります。価格が多少上がっても、それで子供の学力が向上するのであれば、あまり気にしないという家庭が多いのです。その分、家庭教師が行う授業内容をしっかりと見て結果には厳しい態度を取る家庭が多いのも事実です。